2017年10月14日土曜日

さらばWF-1000X、ようこそAirPods

 WF-1000Xは電車やちょっとしたお出かけで使う予定だったのですが、肝心のノイズキャンセリングはかなり弱めでガッカリ。一度WI-1000Xの静寂を味わってしまうと戻れなくなってしまいました。
 インナータイプの欠点として、装着時の違和感以外に「自分の声が変わり話しづらくなる」というのがあります。自宅や会社、ちょっとした散歩にはオープンタイプが適しているので、悩んだ結果AirPodsに買い替えることにしました。
 これ以外にも細かな点として、
  ・充電時間  満充電1.5時間 ⇒ 満充電30分(15分充電で3時間)
  ・動作時間  約3時間    ⇒ 約5時間
  ・ペアリング 接続中はNG  ⇒ 接続中でも切替可能
  ・左右接続  左が親機    ⇒ 左右完全独立型
田舎なので右の音途切れは気にしていませんが、動作時間が短いことに起因する充電頻度上昇⇒充電待ちが結構ありました。あとペアリング関連の自由度というか連携がAirPodsのほうがスマートですね。

最後に大きさ比べ、ケースが約半分の大きさ。うぅぅむ。完全敗北です。
ということで、お出かけセットはこうなりました。

2017年10月9日月曜日

WF-1000X接続実験

どうもレビューする人によって症状がまちまちなので、手持ちの機種で実験してみました。全て音質優先モードでの試験です。

OS Ver 機種 動画
音楽
2曲再生
標準動画 Youtube
Android 5.0.1 GalaxyS4
×
大きなズレ 
×
大きなズレ
iOS 11.0.2 iPhone7plus
0.0~0.2秒
0.0~0.2秒
11.0.2 iPad Air2
0.0~0.2秒
0.0~0.2秒
Windows
10 Home(1703)
標準ドライバ
自作PC
×
大きなズレ
×
大きなズレ
10 Home(1703)
標準ドライバ
ショップ
ノート
×
大きなズレ
×
大きなズレ

接続優先モードなんですが、当初iPhone7plusで動作していたのですが、途中から切替と同時にヘッドフォンの電源が落ちてしまうようになりました。この辺はバグかなと思われますが、GalaxyS4からは出来たので、摩訶不思議です。

2017年10月8日日曜日

Sony WF-1000X 着弾

Sonyの完全独立ヘッドフォンWF-1000Xです。商品紹介記事は山ほどあるので、使い勝手やトラブルについてメモしていきたいと思います。
  

☆ iphone7plus(ios11.0.2)との接続
 ・ペアリング 通常のBT機器同様に接続します。特にトラブルなし。
 ・接続    注意書きにもありますが、収納ケースから取り出し後、左右のLEDが青点滅するまでは装着しないほうが良さそうです。急ぐと右側が聞こえない場合があります。
 ・動作モード 左ボタンでノイズキャンセル⇒声通過⇒OFFを切替できます。日本語ではなく英語なので最初は戸惑いました。
 ・バッテリ確認 専用アプリであるHeadphonesでも確認できますが、右上のアイコンでも残量を確認できます。Airpods向けの機能なのかな?
・機器動作音 スリープ制御だと思うのですが、音の開始・停止時にボソっという音がします。頻繁に起きるので気になる人は多いかも。
 ・音のずれ  1秒くらい遅れるとかの評価もありますが、iPhoneとの組み合わせではそんなことはなく、0.1~0.2秒くらいの遅れかなと思います。YoutubeでKazu Channelとか見てみましたが違和感は感じませんでした。
 ・BTの飛び  マンションで机にiPhoneを置いたまま廊下まで行けました。機器によっては途切れることがあったので、比較的優秀な部類だと思います。
 ・その他   インナータイプのイヤホンの宿命なのですが、歩いたりすると耳の中でゴンゴン響くのが気になります。ランニングにはAirpodsの方がいいのなか?

☆Windows10との接続
  ・ペアリング 通常のBT機器同様に接続します。特にトラブルなし。
  ・トラブル  Youtubeとか再生してみましたが音が出来ません。微妙に小さな音がする程度です。Windowsからはヘッドセットとヘッドホンの2種類で接続しており、ヘッドホンでは上記の症状になり、ヘッドセットにすると左から正常に音がでます。
色々BT機器を使ってきましたがこんな症状は初めてです。
 ※ WI-1000Xでも同様の症状が発生。こちらはヘッドセット側に音量ボタンがあり、調整することで普通に音が出来ました。どうも音量はアプリとWindows以外にもヘッドセットのボリュームがあり、これが小のままだとこのようになるようです。WF-1000X単体では音量変更できませんので、一度スマホでボリュームを上げた状態で接続することで音は大きく出来ますが、今度はドライバが死にヘッドセットドライバが消えてしまいました。
  ※ここまではWindows10でWindows7用のmotororaスタック環境です。

 追記 自分の環境ではBTデバイスにBT-Micro3E1Xを使っていた関係で、Windows7時代のドライバのままで使っていました。メーカーに確認するとmotororaのスタックが残っている場合は削除せよとの回答。Windows10からは標準スタックを使用するようです。これを使うと、出ました1秒のズレ!! パソコンからWF-1000Xの音量を制御できるようになったものの、音ズレがあっては意味がない・・・・( ˘•ω•˘ )
 手持ちのヘッドセットで検証したところ、
  ・WI-1000X    ○
  ・WF-1000X    × 1秒くらい? かなり遅れる
  ・MDR-EX31BN ○
MF-1000Xだけで起きているので、限りなく怪しいですが。問題の起きてない環境もあるので相性という説もあります。なんにせよ、メーカーには早く改善してもらいたいところです。

2016年7月2日土曜日

Windows10 突然の電源断の原因は・・・・・・

以前から突如の電源断に悩まされていました。

考えられるトラブル要因としては、
 1. 電源故障、または容量不足
 2. ゴミによる放熱能力低下
 3. CPUグリス劣化による放熱不足 
 4. メモリスロットの接触不良
 5. その他コネクタの接触不良
があります。

(1)に対してはスペックの高い電源に交換済なので、今回はマザーまわりをチェックします。

まずはツールによる確認、
 ・CoreTempやCPUID HWMonitorでシステム温度の確認
 ・memtest86++でメモリ周りの確認。
特に異常は見当たらず。

パソコンは一年に一回は掃除したほうが良いので、チェックも兼ねて組みなおします。

組み上げ後は、最低限memtest86++でCPU⇔メモリ間のチェックをします。

周辺機器はCRCによるチェック機能がかかりますが、通常のPCにはこの機能がありませんのでメモリ化けはOS破壊など取り返しのつかないトラブルを招きますので、必ず行いたいところです。

その後も電源断病はなおらず・・・・。マザーボード故障か!?

ZOTAC H67ITX-C-Eはソケット1155と数世代前のマザーなので、これがやられると総取替となります。LGA1366機が現役で頑張っているのを横目に、しばし天を仰ぐ。

もしかしたらOSが破損しているかもしれない。そういえばWindows10にしてからメニューボタンの問題も残ったままだったことを思い出す。

Google先生に聞いたところ、既に対策で済みとのこと。では、我が家で起こっているメニュー問題はなにか?

どうも修正ファイルはワクチンのようなもので、既に発病してしまった状態では改善できないようです。マイクロソフトさん、これ大事なのでアラート出すようにしてください。

ということで、Microsoftのホームページからスタートメニューアプリ正常確認ツール「startmenu.diagcab」をダウンロードしたところ、

必要なアプリケーションが正しくインストールされていません。

と、やっぱりな回答。次へをクリックして修復するのかと思いきや・・・・。修正不可!!!

助けてGoogle先生~~

すると次の呪文を教えていただきました。
 powershellから以下の呪文を入力する。管理者権限で行ってください。
当たり前のことですが、バックアップを取ってから行ってください。自分は短気なので、そのまま実行しましたけど ^^;

  dism /online /cleanup-image /restorehealth
  sfc /scannow

最初のコマンドで、OSのみのリストアを行い、次のコマンドでファイルの正常性を確認しています。

成果は再起動後に・・・・・・・

正常に起動し、再度チェックツールを掛けると、
復活しました!

その後しばらく使っていますが、突然の電源断は発生していません。
スタートメニュー以外にもシステムファイルのリストアを行っていますので、要因は不明のままですが、治ってよかった。
 Windows10は色々トラブルが多いOSなので、リリース初期から使っている方で何らかのトラブルを抱えてるようでしたら、ダメもとでOSのリストアもありですね。

2016年5月9日月曜日

ラトック Bluetoothワットチェッカー REX-BTWATTCH1

我が家はHEMSを導入しているので、ブレーカー/コンセント毎の消費電力の把握が出来ます。概ねこれで用は足りるのですが、シャープのHEMSは15分単位での計測しか出来ません。

その穴を埋めてくれる商品がこれ、ラトック Bluetoothワットチェッカー REX-BTWATTCH1です。

測定能力としての±30mWは非常に重宝します。
測定項目 単位測定範囲 測定精度
測定経過時間日/時/分0分~1500日23時間59分 
電気料金銭/円0円~3,000,000円 
CO2排出量mg/g/kg0mg~40000kg 
消費電力量Wh/kWh0mWh~54000KWh 
電圧V90V~110V±3V
電流mA/A0mA~15A±10mA
消費電力W0mW~1500W±30mW

計測したデータは、スマホで秒単位で把握することが出来ます。

アプリに取り込んだデータはCSVでパソコンに送信することもできますが、パソコン用ソフトも用意されているので、直接取り込んだほうが簡単です。

残念ですが、1秒単位での保存は出来ません。1時間グラフ(1分単位)、1日グラフ(1時間単位)、1ヶ月グラフ(1日単位)のみエクスポート可能です。恐らくタップ内部で保存できる容量の問題だと思いますが、スマホで計測している際は秒単位での記録を可能にしてもらいたいです。この辺はアプリの問題なので、今後の対応に期待しましょう。

1時間グラフをエクスポートするとこのような感じになります。



2016年4月28日木曜日

BUFFALO PLC Wi-Fiアダプタ WPL-05G300/2

 よく無線LANパッケージに、「高出力、家中快適な通信環境を実現!」とか書かれていますが、実環境ではダメダメな場合が多いです。

 現実問題として、実家では全然届きません。土壁が要因の一つであることは間違いないと思いますが、鉄筋住宅や木造でも断熱材に金属シートが張られていて届かないケースも多いでしょう。

そういった環境で登場するのかPLCアダプタです。コンセントをLANケーブル代わりにするアダプタなのですが、従来のものはLANコネクタしかついていませんでした。

 今回導入するアダプタは、PLCアダプタと無線LANアダプタが合体したアダプタとなっていますので、コンセントに挿すだけで簡単に無線LAN環境を構築できます。

購入事態は数カ月前なのですが、やっと取り付けることが出来ます。 

アダプタ本体はちょっとぽっちゃりタイプ。

実家には太陽光のパワコンが2個ついているので、ノイズの問題も気になります。結果は取り付け辺で報告したいと思います。


2016年3月5日土曜日

サーマルイメージカメラ FLIR one for iPhone/iPad 故障 修理できるのか? 分解してみた

1/26に買ったばかりの「サーマルイメージカメラ FLIR one for iPhone/iPad」ですが、使おうと思ったら電源が入らない。

電池がなくなって動かないことはよくあったので、またかと思い充電するも充電ランプもつかず、電源ボタン長押しなど色々試すも効果なし。購入後こんな短期間で壊れるのは初めてだし、そこそこ高価なものなのですごく凹みます。

以前Bluetoothヘッドセットで電源が入らなくなったことを思い出し、電池の抜き差しで治るのではと考えたのですが、FLIR oneにはネジが見当たらない。

表面は特になにもなし。

側面が怪しいのでシールを剥がしてみたが、ネジはなかった。

裏面。隙が少しあるのを発見。最初から確かめればよかった。^^;

隙間を広げると徐々に外れていく。後で確認したら4カ所に両面テープが張られているだけの簡単な組み立てとなっていました。ツメもあるので、なくても問題ない感じです。

基盤にコネクタが刺さっていたので、引っ張ってみる。

あっ・・・・!!! ケーブルが根元から抜ける、やばいのでセラミックドライバで外そうとしてもダメ。

そうこうしているうちにこうなっちゃいました。 (T-T)
3.7V 350mAhバッテリを確認。電圧も4V近くあり問題ない状態でした。

いやいや、そんな場合ではない。ショートしなくてよかった。

コネクタを撤去した後ですが、赤まるの場所に接続されていました。上が+、下が-です。

電源端子のくせに、やたらパターンが狭い。老眼が出始めた身としてはかなり辛い復旧作業となりました。
10分くらい格闘した結果がこちら。

基盤にケーブルを取り付けたのち、バッテリと接続しました。コネクタが手に入ったら付け直したほうが安心ですね。

無事電源が入りました。

電源の付け直しで治るし分解は難しくないけど、バッテリコネクタが微妙なので、素直に修理に出したほうがいいかも。