2019年3月10日日曜日

USBデバイスサーバ SX-2000WG をWindows10で使ってみた

太陽光システムは屋外に近い場所に設置されていることが多く、メンテナンスの際は不便です。これを解決しようとUSBデバイスサーバ SX-2000WGを引っ張り出してきました。

SX-2000WGってのはSilexの製品でUSB機器をネットワーク越しに使うための中継機器です。現行製品はDS-600でUSB3.0にも対応しています。

接続はこんな感じにUSBをSX-2000WGに挿すだけです。
 
パソコン側のソフトはメーカーサポートからダウンロードするのですが、型番で検索すると古いバージョンしか出てこないためWindows10ではまともに動作しません。
 症状としては、「 SXUPTP Driver がWindowsによって停止 」してしまいます。

SX Virtual Linkというアプリが動けばいいので、先ほどのDS-600のサポートページからダウンロードすれば最新版をゲットできます。

余談ですが、SX-2000WG ファームウェア 1.5.4になっていたので合わせて更新しました。

インストール後の画面はこちら、正常に動いてくれました。よかった (^^♪
コンピュータの管理画面では、パソコンに直接挿した状態と同じです。

EPEVERの管理ツールも普通に動いています。

2019年3月5日火曜日

メインPCリニューアルしてみた その2

前回の続きです

ケースを入れ替え、グラボと強力電源を手に入れることに成功しましたが、ケース内の風量が少なくM.2が発熱してしまう問題が発生しました。

色々調べてみると、mini-ITXの様に裏面にM.2を収納する場合によくある問題のようです。

解決策としてはファンによる強制空冷と放熱シートで熱をケースに逃がす方法があるようです。結果として両方採用することによって解決することが出来ました。

先ずは放熱シートを取り付けます。M.2はPCI-Eの下付近にあります。
ここに貼るのですが、は3mmでは隙間が開いていたため2段重ねの6mmとしました。
全面ファンは12cmタイプ。LED付なので見た目も鮮やかです。

平常時でも頻繁に50℃を超えていましたが、通常時で38℃、高負荷状態でも44度と劇的に改善しました。

メインPCリニューアルしてみた

メインPCを更改してから、気がつけば1年経っていました。月日の経つのは早いものです。

特に不便はないのですが、あえて言うと・・・

 グラフィック性能の低さ!!

はい。Intel内蔵なんでしかたありません。グラボを増設すればと考えましたが、ケースが1スロットしかないのと電源不足なのでロースペックのものしか使えません。

しかし、気が付くとRTX2070が!

やっぱこのくらい欲しいですよね。mini-ITXで標準ATX電源とフルサイズグラボが入って小型のものというと、「SilverStone SUGOシリーズ Mini-ITX対応キューブ型PCケース メッシュフロントパネル ブラック SST-SG13B」ってのが見つかりました。

届いたのがこちら。うげ、小さい。ほんとに入るのか!?
後ろからみると、確かに電源と2スロットのスペースがあります。
中はこんな感じで、値段相応って感じ。
電源とグラボのスペースの代わりにHDDと光学ドライブは捨てます。メインはM2なのでドライブ無しでも行けるのですが、160G SSDを作業用に残しました。
噂のグラボと同時に流通している、噂の電源です。1000Wでコネクタタイプなので配線が楽です。
問題のグラボはギリギリ入る感じ。かなりギュウギュウです。
仮組して無事動いてくれました。

Windowsが立ち上がって・・・・。あれ、M2 が爆熱状態で少し使うと56℃になってしまいます。前のケースではギリ50℃以下に収まっていたのに。

さてどうしたものか・・・・  つづく

2019年1月20日日曜日

REGZA 49Z720X HDDユニット作ってみた

我が家もやっとテレビが新しくなりまして、シャープ Aquos LC-37GX2Wから東芝REGZA 49Z720Xになりました。画面サイズは37⇒49インチですが、狭額縁でほぼ同じサイズとなっています。メーカーもこの辺を考えて49インチ作ったんでしょうね。

この機種の売りは何といってもタイムシフト機能なんですが、今見ている番組を録画するなんていう軽いものではなく、地上波6chを無限ループで録画し続けるという鬼のような仕様になっています。

 簡単に言えば HDD版 24時間耐久レース

先日購入した「バッファロー USB HDD HD-AD4U3 amazon限定版」を使いたいのですが、単純に接続して終わりとは行きそうにありません。

amazonのレビューを読んでも、「タイムシフト用に使って数ヶ月で壊れた」とか「サーバー向けのもっと高級なHDDが必要だ」といった書き込みが散見されます。

 それでも安いHDDで実現したい

自作PCの経験から、HDDを長持ちさせるのは

 とにかく、しっかり冷却する!

ということで、安さそのままにしっかりしたHDDユニットに仕上げたいと思います。

HDDユニットを分解します。

WDのBlueはAVコマンド未対応のようですが、レグザ対応として売ってるんですよね。実際動いているので、なんかあったら考えることにします。

タイムシフトに2台、通常録画に1台欲しいので、分身の呪文で3台に増やします。
とりあえずそのまま木枠に収納してみました。
固定は12mmの穴を開けたままなので、ゴムが外れるかもしれません。ヤバかったら動かないように埋めますが、現状はメンテしやすいのでこのまま使います。
この状態でPCに接続したところ、室温22℃に対してHDD 32℃とそこそこの値に。
問題なしかと思いきや、連続書込みテストで41℃までサクッと上がってしまいました。

当初煙突型での放熱も考えましたが、12cmファンが収まりそうなので付けてみました。
ACアダプタ3個は嵩張るし、連続稼働にも弱いので手持ちの12V電源に置き換えます。あと、HDD側のmicro USB3.0が壊れないようにケーブルを固定してみました。
12cmファンは静穏と風量のバランスから、1150rpm 37.1CFMを選択。
適当に用意したケースだったのですが、こうして詰め込むと結構ギリギリな状態になってしまいました。
4T×3台ユニットの完成です!
テレビの接続は下段のタイムシフト用に2台、上段の通常録画用に1台接続します。
カタログ上はコネクタ4個とあるんですが・・・・。手前HDMIコネクタの上にありますね。リムーバル向けの利用を想定しているのかな?
テレビ台に納めてみました。動いているのが分からないくらい静かです。
タイムシフトは平日PM7:00~翌日AM1:00、土日AM8:00~翌日AM1:00を選択し、18日分を確保出来ました。
これとは別に「おまかせ録画」機能があって、こちらは通常録画HDDにお勧め番組を録り貯めてくれます。ディフォルトは50%が割り当てられています。

録画機能まとめ
☆タイムシフト機能
 ・地上波6ch 時間帯指定で全録画 ⇒ 残したい番組は通常録画にコピーする。
☆通常録画、おまかせ録画
 ・地上波/BS/CSから最大2番組録画 ⇒ おまかせ録画で残したい番組は通常録画にコピーする。 
 ・通常/おまかせ録画は通常録画HDDに保存されるが、利用比率を設定できる。通常は50%

便利な世の中になったものです。

2019年1月14日月曜日

バッファロー USB HDD HD-AD4U3 amazon限定版

テレビ用のHDDを物色しているなかで、そこそこ安いのがあったので購入してみました。

製品版HD-LD4.0U3-BKAとの違いはamazon向け簡易包装とのことです。

ドライブそのものは思った以上に小型でHDDサイズに近いです。

ケースはネジ1本で簡単に取り外せました。静穏性重視のため密閉ケースとのことでしたが、背面はそこそこ隙が空いています。プラスティックケースなので放熱性は良くないでしょうから、もう少し吸気口あけても良かったのではと思います。

ドライブユニットはWD・東芝・Seagateの3社らしいのですが・・・・

見事WDを掴むことが出来ました。

確かラベルで種類が分かれていて、Green:省電力、Blue:デスクトップ、Red:NASだったと思いますが、最近はBlueしか売ってないみたいです。

自分的には、速度はそこそこで発熱の少ないHDDというイメージがあるので、ホッとしています。ということで、追加2台発注しました ^^;

2018年10月26日金曜日

【話題】RAVPower ワイヤレス充電器 RP-PC069 で iPhone XS Max を充電してみた

iPhone7 plusからiPhone XS Maxに買い替えてワイヤレス充電に対応しました。
ワイヤレス充電はガラ携の時に少し使ったのですが、充電速度も遅く、端末との相性もあったのであまりいい思い出がありませんが、Qi規格も進化しているようで、最近のものは10W(iPhoneは7.5W)。さぁ、どうなるか?

用意した充電器はこちら、RAVPower ワイヤレス充電器 RP-PC069です。

これにiPhoneを載せるた姿がこちら、
 
ケースはSpigenのクリアタイプを使っていますが、問題なく充電できています。

測定はPOWER-Zで行いました。
AliExpress.com Product - POWER-Z USB PD Tester

iPhone残量2%から計測スタート。
2⇒100%まで3:32となりました。
直結との比較は充電時間が異なるので、単純に比較出来ませんが、
 ケーブル直結 14.6Wh
 ワイヤレス    21.5Wh
ワイヤレスによる充電効率は約68%となりました。
Qi規格の効率は第一世代 58%、第二世代 63%らしいので、概ね合ってますね。

2018年10月1日月曜日

【話題】iPhone XS Max を Anker PowerPort+5 で充電してみた 9%から通しで再検証

過去の検証を元に、iPhone残量9%からの充電について再検証してみました。

残念ながら今回も77%で充電停止。抜き差しによりなんとか100%まで完了しています。

今回はエクセルで加工してみました。
満充電まで1時間45分かかっていますが、残り15%に40分も掛かっていますね。